トップページ

2010年3月

radiko.jpでラジオが変わる

radiko.jpとはパソコンがそのままラジオになる。

「IP(Internet Protocol)サイマルラジオ」(radiko)の実用化試験配信をスタートした。

エリア制限なしという通常のインターネットラジオサービスとは異なり、在京民放ラジオ7局(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI、 InterFM、TOKYO FM、J-WAVE)、在阪民放ラジオ6局(朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKA)の地上波ラジオ放送をCMも含め、そのまま同時に放送エリアに準じた地域で配信するサイマルサービス。

近年、都市部を中心に高層建築、モーターなどの雑音源の増加で、ラジオの聴取環境は著しく悪化。

それだけではないけど、最近の若者はラジオなんて聴かないんだろうなって。彼らは携帯とかパソコン文化の人たち。

登録などの手続きは一切無しに、誰でも簡単にパソコンで雑音の無いラジオ番組を聴取できる環境を整え、ラジオが楽しめるのがねらい。8月末の試験配信終了後の実用化を目指しているらしいけど、きっと画期的なサービスであるのはまちがいない。

だけどこれ、私的にはちょっとガックシなんですが…

地方にいて首都圏でしか流れてない放送はやっぱり聴けない。どうせならエリア制限なくしてくれればいいの。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

トップページ